2013年04月15日

中国、陳氏の渡米容認 「留学望むなら可能」

中国の「盲目の人権活動家」陳光誠氏(40)が米国大使館に保護された問題で、中国政府は4日、留学目的での出国を容認する姿勢を示した. 中国が民主活動家らを留学の形で出国させる措置をとるのは異例. 米政府は、渡米を求める陳氏と妻子の意向を確認し、米国の大学での受け入れに向けて準備を始めたことを明らかにした.
レディースMBT ラミ正規品(Lami)トレーニングシューズ/レッド
アディダスオリジナルは、PRO SHEL 中国外務省は4日午後、「彼が海外留学を望むなら、ほかの市民と同様、法に沿って正常なルートで関連の手続きをすることができる」との劉為民報道官の談話を発表した. 劉報道官は直後の定例会見で、交通妨害罪などで服役した陳氏の経歴が妨げにならないかとの問いに「陳氏は刑期を終えており、普通の市民だ」と述べ、手続きに障害はないとの見方を強調した.
posted by MatsumotoRiko at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。